Only One Your Job きっと見つかるあなたに合った仕事

転職 ...

あるアンケートで、「同じ仕事を定年まで、やり通したいと考えている」という回答になんと75%以上の方がYESと答えました。

それだけ多くの人が、一つの仕事を長年やり続けたいと考えている中、転職をする人が多く存在しています。っそれだけ、理想と現実の差は大きいのではないでしょうか。

転職をする際に気をつけなくてはならないこと、それは、支柱つくりです。

まず、転職を行う前に必ずやらなくてはならないこと、それは

前職を辞めた理由をもう一度考え直すことです。

前職をなぜ辞めようと思ったのか、どこが嫌だったのか、自分に合っていなかったのかを、明確にする必要があります。なぜなら、原因を曖昧のまま、次なる場所に移っても同じことの繰り返しになる可能性があるからです。

仕事を辞めようと考えた主な理由には、以下のようなことが挙げられます。

・労働時間が長い(残業が多い)

・給与が満足ではない

・残業しても給与に反映しない

・体がもたない、病気になった

・古い考えややり方についていけない

・結果を出しても、ステップアップしていかない

・福利厚生が充実していない

・仕事にやりがいが持てない

・正社員になれない

・モチベーションが上がらない

・人間関係(セクハラ、パワハラ、いじめ、そりが合わない、価値観の不一致)

などが主な理由です。この答えが明確であれば、その次の転職先を探す際に、それは必ず外しておきたい、逆に言えば、これは絶対に譲れないという部分を持てるのではないでしょうか。

 

支柱をつくる

上記で記した、自分が絶対に譲れないものを自分の中の支柱にします。

なぜ柱をつくらなくてはならないか、それは、その柱がこの後仕事であなたの支えになるからです。柱を作らずに、転職を行うと、また新たな転職先で、少しでも嫌なことがあると、また辞めるということが起こるかも知れないからです。人によっては、嫌な仕事だけど、もう転職をし過ぎてるから、これ以上は転職できないんだと、「転職をし過ぎた」という理由で、今の仕事を嫌々するほど、つらいことはありません。そんなことではなく、「やりがいの持てる仕事」「給与」「福利厚生」「尊敬できる上司がいる」「定時に帰社できる」など、これだけあれば、私は、ちょっとやそっとのことで、この仕事は辞めないという大きな支柱を最低でも3本はつくると、次の転職の絞り込み、また新しい転職先で長く勤めることができる秘訣ではないでしょうか。

LINK ...

FAVORITE

  • チェック1
  • チェック2
  • チェック3